もうやめられない!海外旅行も機内持ち込みスーツケースで旅行するワケ

パッキング

こんにちは!

メインブログの旅行記でも
スーツケースのパッキングを紹介していますが、
私は国内だけじゃなく、
海外旅行も機内持ち込みサイズの小さなスーツケースで行くことが多いです。

海外旅行といえば大きなスーツケースのイメージ・・・

荷物全然持っていけないし、お土産が入らなかったら困る・・・

LCCみたいに受託手荷物にお金が掛からないレガシーキャリアでも
機内持ち込みサイズで行く意味がわからないよ・・・

って思うと思う。

それでも私が機内持ち込みで旅行するのはこんな理由よっていうお話です!

スポンサーリンク

私の機内持ち込みはここから始まった!

最近の海外ディズニー旅行は機内持ち込みばっかり!
アジアの香港・上海ディズニーリゾートはLCCで行くのでもちろん機内持ち込みだし、
ハネムーンで行った5泊7日のWDWも冬のDLP3泊5日、ハワイ3泊5日も
全て機内持ち込みサイズのスーツケースで行ってきました。

私の旅行に大きなスーツケースは必要なかった!?

2016年11月、3泊5日で行ったアナハイムのディズニーランド・リゾートは
まだ普通に3~5泊の海外旅行サイズのスーツケースを持っていっていたんですよ。
(写真右側の黒いスーツケース)

行きはかなり余裕があるから荷物が暴れないように広げてパッキングして行ったけど・・・

帰国前日の最終的なパッキングをして気づいた!

帰りも荷物が暴れないように広げて広げてパッキングしているということに!

アナハイムのディズニーランド・リゾートっていう物欲が大開放される場所で
クリスマスグッズ、サンタ帽、アートポスター?、会社のお土産など買い漁 っても
3~5泊サイズのスーツケースを埋めることができないんだから
私の旅行にこのサイズは不要だって完全に気づかされました・・・

アナハイム後、しばらくはLCCで行くアジア圏のディズニーリゾートが多かったから
機内持ち込みサイズで問題なしだったけど・・・
次の長期旅行は「 5泊7日のハネムーンWDW 」でまたスーツケースの悩みが再来!

長期旅行も機内持ち込みで行ける?

このとき私が持っていたスーツケースは3つ!

  • 1~3泊(33L)機内持ち込みサイズ:主に国内旅行のときに使うスーツケース
  • 3泊~5泊(58L)のスーツケース:アナハイムに持っていったスーツケース
  • 4~7泊(78L)のスーツケース:完全なファミリー用。巨大すぎる。

WDWのある フロリダ・オーランド は日本からの直行便がなくて
アメリカ国内で乗り継ぎが必要だけど乗り継ぎとなると怖いのが“ロストバゲージ”!
しかも アメリカ国内線での荷物の扱いが酷くてスーツケースがボロボロになったって口コミも目に止まり・・・

結局、機内持ち込みサイズ2つで行きました!!

詳細はメインブログでも紹介してます!

【ハネムーンWDW】スーツケース小さすぎ!WDWに行くとは思えない最小限パッキング! : 旅行会社OLと記者が行く週末海外旅行
こんばんは!いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。今回は・・・★スーツケース小さすぎ!WDWに行くとは思えない最小限パッキング!★ハネムーンWDW旅行記 目次2018年04月09日(月)~04月15日(日)ウォルト・ディズニー・ワールド初海外の旦那と行く完全個人
【ハネムーンWDW】スーツケース小さすぎ!WDWパッキング帰国編!お土産もご紹介! : 旅行会社OLと記者が行く週末海外旅行
こんばんは! いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。 今回は・・・★スーツケース小さすぎ!WDWパッキング帰国編!お土産もご紹介!★ハネムーンWDW旅行記 目次2018年04月09日(月)~04月15日(日)ウォルト・ディズニー・ワールド初海外の旦那と行く完全個

結果、無事機内持ち込みだけで5泊7日のハネムーンWDWに行けたんです!
これですっかり自信をつけて機内持ち込みスーツケースで行くようになりました!

スポンサーリンク

めめめ的“機内持ち込み”のメリット・デメリット!

その後、冬のDLP3泊5日やハワイ・アウラニ3泊5日も機内持ち込みで行きましたが
旅行して感じた機内持ち込みのメリットとデメリットはこんなかんじ!

機内持ち込みサイズで旅行するメリット

  • 荷物がコンパクトになる
  • 女性でも持ち歩きがラク
  • 移動も身軽
  • 機内に持ち込むからスーツケースが傷付かない
  • ロストバゲージの心配がない
  • ターンテーブルで受託手荷物を待つ必要がない
  • ロッカーや有料の手荷物預かり所などで預けても安い

機内持ち込みサイズで旅行するデメリット

  • 荷物が多い人には厳しい
  • 液体物を全て制限内にしなければならない
  • 機内の荷物棚に上げるのが一苦労
  • 服・靴などをたくさん多く持っていくのは難しい


私的には、「女性でも持ち歩きがラク」「ターンテーブルで待つ必要がない」は高ポイント!
背が小さいので、機内持ち込みサイズの持ち歩きが丁度良いですし、
ターンテーブルから荷物を引っ張り上げる苦労も回避できるなんて嬉しい。
流れるスーツケースを取るのって難しくてドキドキしちゃうんですよね。

あとターンテーブルで荷物を待つ時間も少ない、または無いほうが嬉しい!
時間が読めないし、意外と時間がかかったりするから・・・
だから小さいスーツケースをコロコロしてターンテーブルをスルー出来るっていうのが私には大きなメリットだと感じてます。

逆にデメリットの 「液体物を全て制限内にしなければならない」は痛い!
コスメやスキンケアなど液体物が多い女だからいつも悩みます・・・

でも機内持ち込みサイズに収めるためと言って、
同じ服・下着を現地で洗って着るとかスキンケアやコスメを我慢するつもりはない!
コスメも崩れない選抜を抜かりなく持っていくし、
スキンケアもシートマスクもむくみ対策もちゃんと持っていきます!
替えの靴も1足くらいは持って行ったりします。

そんなこんなで長期旅行も機内持ち込みで行けるようになってからは
パッキングも余裕が出てきて今では機内持ち込みがやめられなくなっています。
収納とかシンデレラフィットみたいなのが好きなので、旅行前と帰国前のパッキングが楽しくて仕方ないんですよね。
機内持ち込みに収めるポイントはまた後日書きたいと思います!

コメント お気軽にコメントしてください。

タイトルとURLをコピーしました